KEN1の秘密

KEN1のちょっぴりデンジャラスな出来事とか日記とか・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

事故。

群馬のエリアでパラグライダーの重大事故が発生しました。

これをこのブログに書くのはどうかと思ったけど、書くことにしました。パラ、ハングを続ける上で、忘れてはいけないことを再認識するために。自分の、みんなのためにも。


情報源は人に聞いた話、掲示板、JPAのHPなどなので、正確ではないところがあるかもしれません・・。

11月1日、グランボレの学生(たぶん明治大学)の練習生がレッグベルト、チェストベルトを締め忘れ、ランディング上空30mのところでハーネスから滑落し、意識不明の重体で病院に収容されました。翌日、残念ながらお亡くなりになったそうです。
非常に残念で、ショックでした。ご冥福をお祈りします。

学生はまだ19歳、フライト本数は80本ほどらしいです。
原因は、初めて購入したウエストホルダー(バリオなどを上に付けるコンテナ)を装着してレッグベルト・チェストベルトともに閉め忘れ、ウエストホルダーのみで体がホールドされた状態であったこと。

<JPA安全普及事業部の事故対策を抜粋(グランボレはJPA所属エリア)>
1、 ハーネスベルトの締める手順を、【1】レッグベ ルト【2】チェストベルトの順番に行うことを、徹底する。
2、 ウエストタイプのホルダーは、スクール練習生には、使用させない。(レッグベルトの点検がしにくいため)
3、 ウエストタイプホルダーの使用は、パイロット技能証以上の方にする。その際も使用の注意点を必ず伝える。(使用の注意点は、レッグベルト・チェストベルトを締めてからホルダーをセットすることと、ランディングしたら必ずホルダーは完全にハーネスからはずすことの二つです)
4、 テイクオフでは、常に緊張感を持ち互いに安全確認をする。

ベルトの付け忘れ(ハングではベルトとスイングラインのカラビナ)のチェックは、忘れたころに忘れるものだ。バンジージャンプのロープを付けずに飛び降りるようなもの。空を飛ぶ前には、お互いの安全確認を徹底しなければいけない。プレフライトチェックはめんどくさくても必ず。
上級者になっても同じ。特に、コンディションが好転し、早くテイクオフしようという気持ちだけが先行してしまう時の焦りと油断。閉め忘れ防止には有効と言われているTバックルのベルト(レッグベルトとチェストベルトが一体)でも、順番を決めて着ける以外にも、当然、指差し確認ではなく実際に各ベルトを触って確認するべき。

このブログでは、今まで体験したデンジャラスな(危なかった)出来事をおもしろ話みたいに書くけど、命があるから書けるだけ。みんなの前では軽い感じやけど、何かあった時には反省し、ちゃんと考え、悩んだりもする。
今まで3度、同い年の友人を失った(飛び以外で)ことがあり、どれだけの人が泣き、どんなに悲しみ、ショックを受けるかを知っている。特に若い人が亡くなると、その度にいろんなことを考えさせられた。それで飛びに行かなかったことや、飛んでも全く楽しくない時もあった(少しだけやったけど)。

危なければ止めればいい。でも、やめようとは思わなかった。

パラグライダー、ハンググライダー。空を飛ぶのは非常に奥が深く楽しい。でも、それだけではない。様々な所で仲間と飛ぶこと、いろんな人との交流、ツアーや大会、飲み会、パラ・ハングに関わること・人、全てが好き。そして、飛びに関わる全てがおいらにいい影響を与えている。みんなも同じやと思う。
空を飛ぶことは、危なくない。怖くない。常に安全に対する高い意識と注意力を持ってさえいれば。
昔、誰かの日記にあった言葉をメモしてたので、書こう。

『その裏にあるリスクから目を背けることはできない。それではいつか出くわしてしまう。リスクを可能な限り、いやそれ以上といっても良いほどに、減らしてつぶしてそぎ落とさなければならない。
「0%にはできない」そんな甘えは通じない。それでも、0%を目指し続けなければならない。
とことんまであら探しを。しかも自分だけではなく、仲間の全てが。
「それでも人はミスを犯す」というリスクを減らすために。事故についての記事を読むと、自分に照らして真剣に考えざるを得ない。』

パラ・ハングを続ける限り(車の運転とかでも。)、絶対に周りの人に心配をかけるようなことはしてはいけない。いろんな事故のことは、忘れずに心に焼き付けていたい。これからも危なっかしいことはしないように、気をつけよう。うん。

と、いいつつ心配ばかりかけてしまってすみません・・。今まで、怒ったり、心配してくれたり、笑い飛ばしてくれた方々、ありがとうございます。
とりあえず、このブログではデンジャラスな出来事も明るい感じで書こうかと思うので(>_<)

スポンサーサイト
  1. 2005/11/06(日) 16:20:11|
  2. 炎の記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<11月5日★大佐山 PG | ホーム | ぷはー。携帯から。>>

コメント

お邪魔します

事故のコメントを読ませていただきました。とても悲しく何とかならなかったのかと残念でなりません・・・それでも飛ぶ魅力ってなんですか?
  1. 2005/11/07(月) 00:47:41 |
  2. URL |
  3. 樟 #-
  4. [ 編集]

何とかするために・・

書き込みありがとうございます。僕も、事故を知り、とても悲しく、いろんなことを考えました。まず、ここに載せていいのか分からなかったのですが、事故のことは二度と同じことが起こらないように他の人にも知ってほしかったので、知っている限りの概要と状況と対策を載せました。意識と知識と練習で未然に防げることもあると思うので。

それでも飛ぶ魅力・・という質問ですが、たぶんフライヤーの方ではない、のでしょうか。相手によって答え方も違うし(飛びに対する知識の違いがあるので)、書き言葉で全てが伝わるはずもないので(・・というか魅力が多様で大きすぎるから)、ここでの答えは控えさせていただきます。すみません。
ただ、ここでも書きましたが、ハング・パラグライダーは空を飛ぶ魅力だけではなく、同じ楽しみを共有する仲間と飛ぶこと、過ごす時間、老若男女いろんな人との交流、全国へのツアーや大会、飲み会、といったパラ・ハングに関わること・人、全てが魅力的で好きだから、僕は続けています。
あと、恋です。好きな女の子がいる・・・とかじゃなくて(笑)、飛ぶのを好きになるのに細かい理由はいらない、みたいな。これだけ僕にいい影響を与えてくれたパラ・ハングに出会えたことは奇跡で、人生で最高の出会いです。これが人だったら、結婚まで考えてしまいそうなくらい・・・。

もちろん、飛びについての技術や安全、リスクについても今まで考えてきました。自分は飛んで怪我をしたことはありませんが、どちらかというと最近かなり危なっかしいことが多いので、周りの人を心配させないよう気を引き締めないといけない立場なのですが。起こってしまった事故はどうしようもないけれど、今後同じコトが起こらないように、何とかするために、これを見て後輩や仲間の安全に対する意識が高まったり、いろいろ考えてもらえばいいなと思っています。
事故が起こるスポーツをしているのは何故か、ではなく、好きなスポーツに事故が起こる、それをどう考えどうすればいいか。悲しみから、次のステップへ。




  1. 2005/11/07(月) 02:10:18 |
  2. URL |
  3. KEN1@クールダンディ #5lgk84Pk
  4. [ 編集]

爽快♪

 有難うございます。KEN1君が語れば語る程ハングに対しての興味が湧きます。その通りフライヤーではありません 守るべき対象があり足踏みし、その世界にただ今、指くわえ状態です 羨ましい限りで・・・・始めたいな ハング・・・・年間で初心者が開始する季節とかあるんですか?いくらぐらいかかります?・・・書き込みごめんね あと何回かで退散しますから・・・ 教えてください(・.・)
  1. 2005/11/07(月) 18:48:07 |
  2. URL |
  3. 樟 #-
  4. [ 編集]

ありがとーございます★

興味を持っていただいてウレシイです。個人的に聞いていただければメールでいくらでも答えますし。
社会人の方でしたら、始めるのに多少抵抗があるのは分かります。
がっ!あなたはすでにハングに出合ってしまったのです。
運命ですね!世の中にはその楽しさを知らずに人生が終わっていってしまう人が大勢いますが、僕らは残念でしょうがありません。少しでも興味を持っていただいたなら、お金のことは2の次で、まずは体験をしていただくべきだと思います。

お金については、各スクールの料金体系を参考にしていただきたいです。
僕らがお世話になっている鳥取のスクール(和歌山にもありますが)なら、紹介で体験料は少し安くしてもらえますが、基本的に一日体験1万円程らしいです。(大学のサークル勧誘期間は学生はかなり割安にしていただいています。)
鳥取のスクールは共に、4月から11月までくらい砂丘で講習し、冬は和歌山に移動です。砂丘は日本で一番最高の講習地で、日本で最も有名なプロのインストラクターの方々に見てもらうため、僕らも大阪からわざわざ週末に通っています。初心者が開始する季節は、サークルでは新入生が入り砂丘講習が始まる春が多いですが、最近始めた人もいます。スクールの環境によっても違うと思いますが、とりあえず、まずは思い立った今、その勢いですぐに体験していただくのがベストだと思います。
家族やカップルでいっしょに始める方もいます。

サークルの所属するハング・パラスクール
http://www.infosakyu.ne.jp/~oak/guidance.htm
http://www.zero-para.co.jp/zero2005/zero2005_School.html
サークルで撮った動画
http://handaipfc.com/frame-movie.html
  1. 2005/11/07(月) 20:19:37 |
  2. URL |
  3. KEN1@クールダンディ #5lgk84Pk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1sky.blog32.fc2.com/tb.php/34-c4b52add
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1&LUPIN the 3rd

Author:KEN1&LUPIN the 3rd
空を飛ぶのが好き。パラ&ハング。
クールでダンディな大人の男を
目指してます。
<携帯用URL>
http://ken1sky.blog32.fc2.com/?m

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

寂しがり屋のKEN1へ一言。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。