KEN1の秘密

KEN1のちょっぴりデンジャラスな出来事とか日記とか・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悔しいよぅ!!栂池ナショナルリーグ二日目!

 問題の大会二日目。日曜日の空は、土曜と同じく快晴で晴れ渡る。今日も渋そうという情報が流れるが、昨日のガンガンさを経験したおいらは騙されない。

 タスクは、テイクオフ近辺を何度か往復し、佐野坂をとって栂池へリターンする51kmが組まれた。ゴールは簡単にできそう。なら、タイム勝負だ。いかに速くタスクを回るか。おいらの作戦は、先頭グループに喰らいつき、最大上昇率のサーマルを選び、サーマルトップの見切りを確実かつ素早く、ナイスなグライドで高度と速さをキープし続けること。いつでも抜けるように。

 テイクオフしてすぐに高度を稼ぐことが出来、スタートまでは雲に入らず人にぶつからず如何に最高高度でグライドを始める位置につけるかを考えながら飛んだ。スタートは上々。6~7番目くらいかな。そのままトップ集団をたまにリードしたり抜きつ抜かれつの激戦を繰り広げ、めっちゃおもろいレースを展開できた。ハイレベルな第一グループで飛べたことは、勉強になったし、最高に気持ちよかった。
 この日は選んだサーマルの上がりが全部良かったのと、サーマル離脱の見切りが抜群やった。早めに離脱した時は、マーキュリーのスピードを生かして後続を引き離し、遅めに離脱したときは、前の数機のグライダーの上がりを見てコースと次のサーマルを冷静に選ぶ。このイメージを忘れんようにしよう。パラのアゲインストグライドでは、ハングよりも断然コース取りがシビアに効いてくる。


 佐野坂に向かう頃には、もう後ろは見えない。先頭の5人が一斉に岩岳を越える。初日一位の正一郎さんをはじめ、3人は沖回り。沖が上がってないのを直感し、おいらは一番山周りで八方に向かう。このコース取りが良かった。スタートからずっとトリムをうまく使って効率的にグライドできてるので、そこでもええ感じに他機より高く八方につけた。このまま行くと正一郎さんに次いで2位だ。でも、八方のサーマルはバンバンやったので、おいらが先にサーマルを見つけられなかったために先頭グループはまた混戦に戻った。

 駄菓子菓子、沖回りだったグライダーが2機、五竜に低く突っ込んでいる。ここは、チャンス。八方で雲低まで上げきることが勝利への道だ。幸運にも、サーマルは変に流され上げにくいがめっちゃ強い。上げ切ったTOSHIBAさんとヨシキさんらと競いながら佐野坂へ向かう。おいら少し高度を失い、遅れをとる。佐野坂では早い正一郎さんがトップで折り返し、高く戻ってくる。直前で上げ直したおいらは、佐野坂を取って少し上げ、山に回らず沖を突っ走る。八方でたくさん上げてくるし、リフトに乗ればこのままファイナルグライドだ。
しばらく上がりながら栂池へ北上すると、五竜あたりでGPSのゴール到達高度は、200mを指す。ゴールしたら200m余るという表示だ。

 おいらは、イチかバチか、One or Nothing の賭けに出た。サーマルが多くアクセルを踏み続けにくい山回りのトップ集団を全員ごぼう抜きにするため、コンバージェンスっぽかった五竜沖から(佐野坂からやけど)ファイナルグライドに入る。ふわふわするところもあるが、あまり上がりはせず突き進む。八方通過。まだ高度は十分なはず。岩岳から上げながら向かってくる集団もいる。でもおかしい。北からこちらに向かってガーグルが流れている。うすうす感じていたが、栂池には北風が弱くも到達しているようだ。

 厳しいかも、、、と弱気が頭をよぎるが、もう引けない。岩岳からのガーグルの最後尾を狙おう。駄ー菓ー子ー菓子ぃっ!!なんと最後のサーマルをつかみ損ねる。八方でスピード惜しさにスルーしたよぼよぼサーマルも悔やまれるが、時すでに遅し。
 なんと、超大嫌いな岩岳に張り付いてしまったのだった。この先は栂池までの間に深い森がある。行けるのか行けないのか。先が見えないギリギリゾーンに突っ込んでいくことを嫌ったおいら。昔なら迷わず突っ込んでたやろうなぁ。
 なんとかサーマルを拾おうとするも、微妙にはずしてしまう。焦りか。もうすでにトップ集団ははるか上空をゴールに向かっている。這いつくばるおいら。めちゃくちゃ上げにくい岩岳。その後、低くなったおいらのちょい上を3人程飛び越していく。すぐ奥の尾根伝いに栂池へ向かうようだ。おいらはそのチャンスを逃してしまった。

 岩岳ゲレンデのふもとは、ゴンドラやリフトだけでなく高圧線や電線がビッシリということは知っている。おいらは、ぎりぎり降ろせるスキー場の狭いゲレンデに無念のトップラン?することに決めた。無理はしないでおこう。最後までめっちゃ良いキレのある飛びができたことと、玉砕したけど一か八かの勝負だったので気分はスッキリしていた。
 あとから聞くと、おいらが岩岳に到達した高度なら、ゴールはできていたらしい。実際、低くでゴールに着いた人も含め、ゴールは43人。やはりゴールせんと全く、全然そのフライトの価値がなくなる。もう、勉強できたとかだけではダメだ。
 

 しかし、えらいとこに降ろしてもうた。おそらく岩岳上級者バーンの中腹。上がるにも降りるにも中途半端にめっちゃ遠そう。とりあえず本部に着陸の連絡を入れ、下山方法を考える。ザックかついで歩いて降り、行き止まりやったら死んでまうと感じたおいらは、とりあえずゴンドラ方向に手ぶらで歩いて登り、看板で降りるルートを確認する。しんどいけど下って降りれそうだ。本部にGPS無線誘導されつつ、トップランしてから2時間くらいかかって無事にへとへとになって下山し、本部の栂池に送ってもらう。4時半になっていたので、すでに閉会式も終わりかけ。順位も出て、GPS提出が遅れたので2日目は暫定ABSのおいら。いろんな人が心配して連絡してくれた。ありがとうございます!

 結局後で出したログで認めてもらったようで(はくさんありがとう)、その日は38位。43人ゴールしてたのに、良いスタート切ってレースを引っ張ったからデパーチャポイントとかが高く、ゴール者より点が高くなっちゃってました。でも、ゴール出来てたら2,3,4位やったかもしれんと思うと・・・くやC~~~~!!!!!

必ず、必ず成績を残せる飛びが出来るように腕とメンタルを鍛えます。
ブルガリアPrePWCで結果を出す!!
スポンサーサイト
  1. 2007/06/04(月) 23:44:41|
  2. 日記!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<と~れとれピーチピチ!! | ホーム | 悔しいよぅ!!栂池ナショナルリーグ初日!>>

コメント

What a waste flight!

オッス。元気に飛んでるようやな!!

白馬JNLは残念やったな~。
良い飛びができていたようなだけに、最後の詰めの甘さが悔やまれる。
先頭集団を引っ張れるスピードがあるなら、
それを使うタイミングを見切るのも大事やで!!
(そのスピードがイマイチ足りない俺にはウラヤマシイ限り・・・)
社会人になったから、頭を使ってクレバーな飛びを目指すんや!!
アドレナリンでまくりで、突っ込みたくなるのは分かるけど、
低く進んだら失敗するリスクが高いのは明らかだから、
前半はキープハイで先頭集団に着いて行ければ◎
トップを狙うならファイナルグライド2サーマル前くらいからチャージを駆けるか、
10位以内に入って好成績を出したいなら、淡々とトップのやや後方から
高めで確実にゴールを狙えばOKだ。
(基本的に後者の手堅い飛びの方が、今のKen1のレベルなら成績は出ると思う)

そして、人に迷惑を掛ける場所には降りないように気をつけるべし。
  1. 2007/06/08(金) 21:53:58 |
  2. URL |
  3. jin #-
  4. [ 編集]

ほんまに!

結果が出ないと馬鹿馬鹿言われるだけですからねぇ。
悔しさをバネにガンバリマス!!
アドバイスありがとうございます!
I谷さんにも同じようなこと言われました。
一発も当たらない一発屋にならんように、
自己満足のイチかバチかフライトはやめて、
結果を出せる大人の飛びを心がけます。
これぞまさにクールダンディへの道!!
  1. 2007/06/12(火) 01:44:29 |
  2. URL |
  3. KEN1@クールダンディ #5lgk84Pk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1sky.blog32.fc2.com/tb.php/282-8a21da1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1&LUPIN the 3rd

Author:KEN1&LUPIN the 3rd
空を飛ぶのが好き。パラ&ハング。
クールでダンディな大人の男を
目指してます。
<携帯用URL>
http://ken1sky.blog32.fc2.com/?m

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

寂しがり屋のKEN1へ一言。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。