KEN1の秘密

KEN1のちょっぴりデンジャラスな出来事とか日記とか・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネタバラしコング!!

 美女を器用に守りながら恐竜とハードでデンジャラスな戦いを繰り広げ、観る者を映画の世界にどっぷり引きずり込む最高のパフォーマンスを披露したキングコングには、おいらがアカデミーKEN1賞主演男優賞を与えよう!!

 お正月は是非『キングコングvs恐竜~燃え尽きろ,熱戦・列戦・超激戦~』を観ましょう。前回の感想は、興奮しすぎて恐竜ばっか書いてたので、ちょいと補足。予備知識としては、

@1933版オリジナル『キング・コング』のリメイク
@舞台は、1933年、大恐慌時代のアメリカ、NYと、幻の島“髑髏島(スカル アイランド)”。NYは'30年代の雰囲気を出しまくりで、映像もわざと古っぽくしてる感じで、貧しい時代に味が出てる。
@物語前半の舞台となる、海図にも載っていない幻の孤島「スカルアイランド」。この島には今まで見たこともないような生物や、様々な恐竜がいまだに生息している。スカルアイランドで登場する生物は3タイプに大別できる。1つ目は現存する生物、2つ目はこの映画のために作られた架空の生物、そして3つ目が、太古に生息していた生物が進化したら?という仮定で生まれた生物。アンをめぐりコングとの壮絶なバトルを展開する恐竜は、一見すると「T-REX」の進化版の「V-REX」で、正式な名前は「ヴォスタト・サウルスレックス」。大昔に生きていた「T-REX」が1930年代まで生きていたら?ということを想定して創造された恐竜だ。
@監督は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン
@キャストは・・・「21グラム」、「リング」のナオミ・ワッツ、「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック、「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディ。こんなのはどうでもいい。問題は、注目のキング・コング。主役のコイツを演じるのは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのゴラム役で映画史に残る演技を披露したアンディ・サーキスだ!!!着グルミではないけど・・・(笑)、モーション・キャプチャー。 キングコングは、本物のゴリラっぽい動きを感じるとともに、ピョンピョンと飛び跳ね活発にに動き回る姿は臨場感あふれて、ゴラムの動きにも似ている気もした。恐竜V-REXとの対戦ではアン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)を右手、左手と移し変え、しかも足でも器用に掴んだり、見事なアクションをする。おいらもあれくらいの足指の動きはできるけどねっ(←ライバル心)!!
@240億はやりすぎ。ピージャクがそんだけキングコング好きやったってコトか・・・。クレジットでも'33年版製作スタッフにリスペクトしてたし。

さらにネタばらしコング、ドン!!

[ネタバラしコング!!]の続きをちぇけらっちょ!
スポンサーサイト
  1. 2005/12/23(金) 23:01:50|
  2. 映画ちぇけらっちょ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KEN1&LUPIN the 3rd

Author:KEN1&LUPIN the 3rd
空を飛ぶのが好き。パラ&ハング。
クールでダンディな大人の男を
目指してます。
<携帯用URL>
http://ken1sky.blog32.fc2.com/?m

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

寂しがり屋のKEN1へ一言。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。