KEN1の秘密

KEN1のちょっぴりデンジャラスな出来事とか日記とか・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インド・ヒマラヤ大冒険 ~奇跡の国インド~ Episode伍

 9月の中国のPWCセレクション(プレPWC)に続き、2004年11月、インド・ヒマラヤでのプレPWCに参戦した。毎日がハプニングと奇跡の連続。おいらはインドという国を、奇跡の国と呼ばせてもらう。そのハプニング続出の大冒険の一部始終を伝えよう。

続きは11月9日から。

11/9(火)

最後は気持ちよくゴ――――ル ~閉会式でも呼ばれたよ、Japanese famous pilot~

 朝は少し高層雲が出かけたが、いつも通り快晴。気分は良し。ラストタスクは60.3kmだった。7日目ということもあり、キープハイでたいしたスタックもなしに順調にゴールを狙う。いっしょに飛んでいたUPのオレンジタルガに負けないように、高くからガッツりアクセルを踏んでついて行く。ダラムサラ方向の遠いパイロンを取ってリターンし、TO前に戻ると、残り10kmほど。

glider

 TO奥のパイロンを取った後、4kmほど沖のラストパイロンを取ってLD近くのゴールに戻ってくるのだ。TO奥のパイロン上空のサーマルで、いっしょにいたタルガともう1機に、上からかぶせられた。不覚!その差は50mちょい。追いつけない…。このままだと、上げきって先に走られて置いていかれると思い、ちょっぴりアセる。だからギリギリゴールできる高さになれば走ってやろうと思い、2100mほどでスタート!低かったかな~。
 沖パイロンまではL/Dで4ほどだ。パイロンに向かっていくと、右手にゴールが見える。ゴールは、少し高い台地上にある。知っていた。がっ、実際ギリギリゴールの高度で飛んでみると、目線でかなーりゴールが高く感じる。こんなハズでは・・・。けっこうヤバくなり、ベタ踏みだったアクセルをゆるめる。その間に後ろ上空の2機が先に・・・。駄菓子菓子!ゴールこそが大事だ。他人のことは忘れよう。最後のパイロンを取った時、高度はLD+200mの標高1500mちょい。やっべー!さっきの2機でも上にいたのにゴールまでギリギリ!

 やばい。ゴールできねぇ・・。こんなときは・・・タカを探せーっ!
いたぁ!!よっしゃあ~!コースを少し外れるけど、タカが1羽センタリングしている。ゴールできなければ何も意味はない。タカがいる所には強いサーマルがある。絶対!これは7日間飛んで確信を持っていた。迷わず突っ込む。
 思った通りだ。鳥取霊石山並にめっちゃ小さいが強いコアがあるサーマル。風にけっこう流されながらも、コアをつかみ、3,4周まわすとゴールできそうな高度をとれた。けど次の集団はまだラストパイロンを取った所にいるので、そいつらが来るギリギリまで上げる。そして一目散にゴールへ!サンキュータカ、心の友よ!

 最後は気持ちよくゴ――――ル!!!やっぱゴールの白線上を飛ぶのは感無量ですな。とりあえずゴール上空ではしゃいでLD。タンデムおじさんもかなり後からゴール。今日は圧勝だな。

 そして、夕方、ゴールの近くで表彰式閉会式。チベット民族のラマ教っぽい人々や、子供達、たくさんのインド人が、この町にこんなにおったっけ?ってゆーぐらいうじゃうじゃ集まっていた。ロシアの大砲ニコライは、去年に続き、4タスクオール1000点満点優勝!!ありえん!おいらは30位くらい。うーむ、パッとせんな…。まぁ7日間全部無事に(?)いっぱい飛べて良かった!
 さらに、なんと!!閉会式で、主催者か州の代表のおばさんが、あの行方不明の時の村の話を分かりやすい英語で、フルネームで2回も僕の名前を呼びながら説明しているではないか。Local people found him on the tree.みたいな。彼を助けて、暗くなったから村に泊めてやり、みたいな。こんなにいい村があった、というなんだかエエ話を長々と紹介してた。
 ただでさえ、帰ってきた朝のブリーフィングでみんなの前で説明したから有名になって、すれ違う人に「Oh, famous Japanese pilot.」とかゆって握手されたり「今日はどこに降りた?LDか、それとも木の上か?」みたいなブラックジョークを言われてたのに。その辺のインド人にまで有名になってしまった。ま、旅の恥はかき捨てだ。松原さんに、「どんなことでも名前を覚えられるのはええこっちゃ。次は、うまくなったなぁ、と言わせてやれ。」と言われた。ええ人や。

 なんでか、一人一人の参加賞も台に上がって前で受け取る。人気者のおいらの名が呼ばれると、みんなから大声援が。ガッツポーズで応える、八木のユニフォームで。これで、八木も代打の神様としてめでたくインドの神の仲間入りだ。
s-IMG_0522.jpg


その日はパーティの後、9時ごろバスでデリーに出発。

[インド・ヒマラヤ大冒険 ~奇跡の国インド~ Episode伍]の続きをちぇけらっちょ!
スポンサーサイト
  1. 2005/12/09(金) 09:20:56|
  2. デンジャラスな記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KEN1&LUPIN the 3rd

Author:KEN1&LUPIN the 3rd
空を飛ぶのが好き。パラ&ハング。
クールでダンディな大人の男を
目指してます。
<携帯用URL>
http://ken1sky.blog32.fc2.com/?m

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

寂しがり屋のKEN1へ一言。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。