KEN1の秘密

KEN1のちょっぴりデンジャラスな出来事とか日記とか・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四国三郎へGO!

 今週末は、JPAナショナルリーグ(パラ)の四国三郎ジャパンカップ に行く。JPAの大会は、学生は5000円ポッキリで出れるんだ。鳥取も行きたいんやけど・・・ごめんね、新入生の人たち。その代わり、表彰台狙います!
はいっ、なぜ優勝狙わないんだろう?と素朴な疑問を感じたそこのあなたのために答えます。『優勝狙うとケガするからちょいと控えめにしてるんだよ。』(←かなりクールダンディちっくな発言やな、おいらも成長したねぇ。)

 飛ぶ山は徳島の三頭山。なんで四国三郎なんやろ。
もしかして、速水史朗の「四国三郎」からきてるんかな。この作品は、御影石の彫刻で、吉野川を象徴的に表したもの。文化の森総合公園の中にある「創造の森」の入り口に設置されている。
 
 なぜ石を用いるか。速水史朗は「土と石」という文章の中で次のように語っている。
 「土に甘え、どっぷりと首までつかってしまいそうな時、わたしは硬い石に立ち向かう。石は人を寄せつけない厳しさが表面に見える。そして人の力をはねつける。しかし石もやはり自然の生き物であることをそのうちに知ることになるだろう。土と石という一見、相反するような素材に立ち向かう日々であるが、それが一つになっていくはなぜだろうかと思うようになっている。たぶんそれは土も石もが人間くさい自然の素材であるからだろう」。

 その通りだ。おいらの場合は、それが石ではなく空。空に立ち向かう。空は飛ぶたびに違ういろんな表情を持っている。そして、ハングやパラで飛んでいるとき、空とおいらと翼は一つになる。
 駄菓子菓子!そこにジェラシーを感じるもう一つの自然の素材がいる。そいつは、地球だ。地球はおいらに早く帰って来いとうるさい!ビービーとシンク音を鳴らすんだ。いつまでも空にいたいのに・・・。地球によっぽど愛されてるね。
 地球のせいで愛しの空と引き離されたおいらは、次にまた空に会えるのを楽しみにしている。明日が約束の日だ。もう~空と駆け落ちしちゃおっかな!!

[四国三郎へGO!]の続きをちぇけらっちょ!
スポンサーサイト
  1. 2005/11/18(金) 15:04:35|
  2. 日記!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

KEN1&LUPIN the 3rd

Author:KEN1&LUPIN the 3rd
空を飛ぶのが好き。パラ&ハング。
クールでダンディな大人の男を
目指してます。
<携帯用URL>
http://ken1sky.blog32.fc2.com/?m

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

寂しがり屋のKEN1へ一言。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。