KEN1の秘密

KEN1のちょっぴりデンジャラスな出来事とか日記とか・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飛べ!アルプス!!~ドイツチャンピョンシップ③

7/27(金)
 朝、前日のキャンセルの説明があった。なんと!!ほんまにあのエバがレベル3を無線で言っていたらしい。バレーで風が収束するLDで時速2kmしか出なかったと・・・。そして、たまたまその時TOもガストで荒れていたため、主催者もキャンセルの判断をしたらしい。
 なんだか気まずい感じ。せっかくのビッグタスクやったのに。はっきり言って明らかにぶっ飛んだからレベル3を連呼したとしか言えないとみんなも言っている。収束する所を飛んで強風とか言ってたら毎回キャンセルでしょ。ありえーーん。もったいないなぁ。
 海外はセーフティコミッティがいないため、稀にこういうことが起こるらしい。ちなみに、ジーノはブチギレで、3日間ずっとエバの文句を言っていた。韓国人恐るべし。

 と、悔しい気持ちを競技にぶつけるべく、気持ちを切り替えてテイクオフへ。朝からちょい曇り。TOは雲中のため、13時までウェイティング。13時にゴンドラ乗り場に行くと、集合は13時にゴンドラ中間駅らしく、アニキと慌てて上がる。はじめ40kmのショートタスクが組まれたが、安全のため、35kmに変更。海外では40km以下はめちゃショートタスク。日本では40km以上はビッグタスクやけどねぇ。

s-IMG_0180.jpg



[飛べ!アルプス!!~ドイツチャンピョンシップ③]の続きをちぇけらっちょ!
スポンサーサイト
  1. 2007/10/24(水) 23:13:11|
  2. 飛びの記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛べ!アルプス!!~ドイツチャンピョンシップ②

つづき。
s-IMG_0256.jpg


7/24(火)
 朝起きると、めちゃ曇りで強風。アニキは今日の天気を知っていたのもあり、飲み過ぎで2日酔い。グロッキーなので宿に置いていくと、やはり大会はキャンセル。まだ飛べていないおいらはジーノと二人でテイクオフへ向かう。強風で曇りやしあまり面白そうではないため、ジーノは飛ばず。
おいらはサクッと飛び、LDへ続くバレーの中をアクセルやハーネスの調整をしながら飛ぶ。LD上空で吸い上げに会い、上空1600m以上にいれば、飛び放題。トリムセッティング、リッジや旋回の具合などいろいろ試して写真も撮った。

 1時間ほど飛んで、雨も近づいてきたから大人しくLD。ジーノに、その靴(黒のオールスター)はノーグッドだと言われた。降りてすぐ雨が降ってきたので終了。夜はパクちゃんのヨーロピアンビビンパを食べた。韓国から持ってきたキムチとかがきれてからは、キムチも全部手作りで現地生産らしい。めちゃうまかった。今度韓国行こう。

s-SANY0003.jpg

[飛べ!アルプス!!~ドイツチャンピョンシップ②]の続きをちぇけらっちょ!
  1. 2007/10/23(火) 23:03:41|
  2. 飛びの記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛べ!アルプス!!~ドイツチャンピョンシップ①

 名古屋で社会人二年目、なんとかヤリクリして飛びまくってます。
7月末、会社の夏休みに合わせてドイツチャンピオンシップに行ってきた。その時の話を。

 海外は人も土地もめっちゃ刺激的で、壮大なエリアで世界のトップパイロットとビッグフライトが出来るから大好き。実際今回は、PWC常連組が直前のイタリアPWCから予想外に流れてきて、世界ランキング7位のトルステン(独)をはじめ、オリバーラッセル(独)、マレキ(独)、若手のカレル(チェコ)、キム・ジーノ(韓国No1)、オリックマーティン(チェコ)もいた。先に結果を言っちゃうけど、そんな中で、参加者100名中13位。 アジアンタイガーの写真もあるYO!

s-IMG_0239.jpg

 今回のエリアはOberstdorf(オバーストドルフ)、ドイツ南部でスイスとオーストリアとの国境付近。人生初の本場アルプスだ。運が良ければ40km先のノイシュバンシュタイン城(シンデレラ城のモデル)の上も飛べるとの噂。一人じゃ寂しいので、PWC中心に海外転戦中の平木啓子(世界選女子代表、通称アニキ)に連絡を取ると、直前のイタリアPWCから来てくれてドイツで合流することに。アニキはおいらと同じくマーキュリーに乗るサムライ。

 日本で連絡を取っていて分かったことは、①アニキはフランスの空港でロストバゲッジし、フライト装備も生活用品も全てなくなったこと(イタリアでは全て借り物)、②合流は大会前日の練習日、③ドイツ人の友人ドローサと移動するのでその携帯番号(アニキはロストした)、以上。向こうでの宿はドローサが適当に着いてから探すので、合流するまでは自分でなんとかしろ、とのこと。

 海外大会は4回目やけど、中国、インドのプレPWC、オーストラリアのプレ世界選は全て日本選手団任せの行動やったのに対し、エリアの場所調べから始めて完全に一人旅だ。関空で因縁のオーバーチャージとの闘いにぎりぎり勝利したおいらは、日本食を食い溜めし、単身ソーセージの国へ飛び立った。はじめてのドイツにおいらはドキが胸胸♪


[飛べ!アルプス!!~ドイツチャンピョンシップ①]の続きをちぇけらっちょ!
  1. 2007/10/22(月) 00:45:03|
  2. 飛びの記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阪神、球史25年ぶり10連勝!!龍門1時間♪

今日の龍門は、ひさびさにハングよりパラの勝ちかな。朝から晴れ&曇り。南風予報やったけど、なんと北西~北東でめちゃええ感じに飛べた。加賀ヤンもいて、楽しかった。

ハングは南西が強いのか、出てこない。TO前でパラパイロットが上げだすと、おいらもTO。粘りに粘ってサクッと上げるも、500~600m止まり。ゴルフ場であまりにも東に流される強風なので、南西で龍門がだめならちょっと恥ずかしい結果になってしまうと感じ、加賀やんとともにパラタン前に戻る。その後はプカプカJRあたりで飛んだり周辺で楽しんだ。もっと高い雲底につけてばびゅんと飛びたいなぁ~~~

とゆーことで、阪神の10連勝はどうやってその喜びを表現したら良いか分からず、ただただ叫びまくるおいらでした。まじ、すげ。ほんまんびほんまにありえーーーーーーーーん!!うおおおおおおおお!!虎に生まれてきたのを誇りに思います。

何がすごいかって、球児の10連投。そして、なんといっても、10連勝中6試合が1点差を制した勝ちという、勝負強さと采配がキラリと光る連勝やった。そして桜井・鳥谷という若手の活躍。これはいけるでぇ。
ホームもロードも関係あらへん。ホームはもちろん甲子園で最高の応援。そして、ロードも実は、勝ち越して6球団イチの勝率。これはもはや、天国のロードと呼んでもええんちゃうか!

常勝軍団になったらええねん。負けることが許されへんなんて10年前には考えられんかったけど。ピンクのメガホンとユニフォームさえやめてくれたら、ファンもいくら増えてもええねん。チケット取りにくくなってもええねん。応援が楽しいのが一番ええねん。誰かチケットください!


  1. 2007/09/09(日) 23:08:43|
  2. 飛びの記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉野ぶらり一人旅

最近あまりにも飛べないので、いっぱい飛んだ時のコトを思い出そう。

 あれは忘れもしない、2005年GWの後の5月11日、いや14日?うーん忘れた!ま、いいや、5月前半、和歌山の紀ノ川・寺山から奈良の吉野まで、パラで50kmクロカンしました!

吉野

 前日に大学サークルの後輩ムタに誘われるも学校が忙しく行けず。がっ!その日ムタは2000m以上上がり、ハングでなんと五條あたりまでの30kmをアウトアンドリターン。なにぃぃ!!やってられん!
 我慢しきれず、次の日もムタを残らせ、龍門へ。ハング車は龍門なのでハングは持って行けず、パラで。朝、龍門へ向かう高速から見える空は、高層雲が張って、クロカン日和とはほど遠い。やはり2日連続で良くはならんかったなぁ・・・と思いつつ10時頃紀ノ川到着。

 高層雲が少しずつ取れ、南側からおいしそうな積雲が出来てくる。が、なんで南からできるんだぁ!!龍門は北向きやから南風は飛べん・・・。龍門から東側はクラウドストリートができるも、寺山周辺では高層雲で渋そうにパラがブッ飛んでいる。そして予報が西南西とかに変わりつつあり、嫌な雰囲気だ。
 T.O.に上がって待つも西風が強くなるばかりで良くならず、龍門の東の雲を指をくわえて見てるだけ~。パイロットが数人ブッ飛び、南西で飛べなくなる前のサーマルがある内に飛ぼうと、寺山西テイクオフから飛び立つ。

 西風が強いだけで全然上がらず、のたうちまわる。100mほどロスして降りちゃいそうになるも持ち直し、北西風と南西風のごちゃごちゃリッジと小さいサーマルでステイ。南西5~6mに変わるタイミングで南西斜面でヒット!!よっしゃあ!これを大事に小さくグリグリまわし、ようやくトップアウト。そのままヘリポートあたりから龍門へ強風で流れながらセンタリングを続ける。

 1600mほどで龍門の北側。かなり南西風で北東側に流されている。雲低までもう少しだけど流れすぎなので、西で遊ぼうと一旦寺山まで出すと800mほどに。パラは飛べずに全員山を下りたみたいなので、ハング連中を待つけど出れなさそう。寺山より西は雲もなく上がらなくなっていたので龍門へ戻る。途中、ゴルフ場赤屋根付近から上がり、今度は龍門山頂へ寄せて雲低を目指す。それでも南西強風で北東へ流される。
 サーマルのコア自体が45度以上傾いて流されているので、追いかけるのが大変だった。龍門東尾根から東へ1.5キロほど離れたところで、流れるサーマルを意識して追いかけすぎてはずしてしまう。龍門へ戻ろうとするが風も強くなり全く前に進まず500mほど沈下し続ける・・やばい!!諦めて東にLD場所を探そうかと思ったが、山に寄ってみるとサーマルヒット!高度800mから+4m/sのサーマルで一気に1800m雲低。高圧線のあたりから雲低をかすめつつ東へ。ホッとひと安心。よし、クラウドストリート出来てるしクロカンに行こう♪

 『今日は最低でも五條まで飛ぶから迎えよろしく!!』 なんてコトをハングの子らに言ってたんで、最低でも五條まで行かねば。。


[吉野ぶらり一人旅]の続きをちぇけらっちょ!
  1. 2006/02/01(水) 23:02:36|
  2. 飛びの記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

激動の中国プレPWC in China(後編)★2004年9月

中国のある朝の、公園での一枚。3歳くらいまでの子供達に大流行のズボンが衝撃的!!スースーして気持ち良さげっ。竹野に買ってあげればよかったかな・・。まぁいるならすぐに作ってあげるゼ★
ketu
中国でのプレPWCは最終日。あとは北京に戻って日本に帰るだけ・・・と思いきや・・・。

続きは大会最終日から。

[激動の中国プレPWC in China(後編)★2004年9月]の続きをちぇけらっちょ!
  1. 2005/11/08(火) 10:27:09|
  2. 飛びの記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

激動の中国プレPWC in China(前編の後半)★2004年9月

自分にファー!
これはHGの『フォー』が流行る遥か昔に中国で流行った言葉。
中国では、交通事情がものすごく、車はクラクションをファーーー!と鳴らして追い抜かす。対向車線も関係ない。おいら達の乗っていたマイクロバスが対向車線から抜かそうとし、対向車とぶつかりそうになると、ファーーーー!そしたらなんと、対向車がギリギリで避けた・・・。
はは~ん、なるほどなるほど。このチキンレースをファーー!って鳴らして気合で乗り切るんだな。そう考えた若者3人衆は、空中でも無線でファーーーーー!と叫びまくり。絶壁との、ショットガンサーマルとの激しい闘いを勝ち抜くために、自分にファー!
ch9

続きは大会2日目から。


[激動の中国プレPWC in China(前編の後半)★2004年9月]の続きをちぇけらっちょ!
  1. 2005/11/02(水) 18:36:01|
  2. 飛びの記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激動の中国プレPWC in China(前編)★2004年9月

2004年は、11月にインドで開催されるプレPWC(Paragliding World Cup)に行く気満々で、ちょろちょろ調べたりしてた。駄菓子菓子っ!8月のパラの大会中のスーパー銭湯で、想定の範囲外のお誘いを受けた。テラとタロー(パラの同年代の友達)の
『中国のプレPWCに行こうぜー。』
だ。そしておいらは銭湯に響き渡る大声でこう叫んだ、
『おぅ、もちろんだ!いっしょに行くぞーフォーッ!!

こうしてノリで決まったLinzhou Paragliding World Cup Selection Tour(プレPWCのコト)への参加。
なんてったって、プレPWCは海外の大会にしてはかなりリーズナブル。日本でも1大会のエントリー費だけで1万や1万5千円くらいするのに、空港からエリアまでの送迎と、大会期間中(一週間)のホテル代と朝メシ昼弁当晩メシと、エントリー費全て込みで100ドル!!しかもハングと違って飛行機の預け荷物でグライダーとか機材を全部持って行けるから、あとは航空券代しかかからない。普通の旅行よりもだいぶ安いのでは。しかも物価がめちゃくちゃ低い!!

インドほどの事件はなかったけど、いろんな刺激を受けまくった大会でした。
ch10






[激動の中国プレPWC in China(前編)★2004年9月]の続きをちぇけらっちょ!

テーマ:びっくり! - ジャンル:ブログ

  1. 2005/11/01(火) 18:24:01|
  2. 飛びの記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

びっくり岩屋&超びっくり白鷹★2004GW PG

フライト日記があったので、ついでに昔の飛びの記憶も残しておこう。

2004年GWに、岩屋(兵庫)で飛んでから白鷹(山形)のパラグライダーの大会に出たときの話。
[びっくり岩屋&超びっくり白鷹★2004GW PG]の続きをちぇけらっちょ!
  1. 2005/10/30(日) 13:01:25|
  2. 飛びの記憶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KEN1&LUPIN the 3rd

Author:KEN1&LUPIN the 3rd
空を飛ぶのが好き。パラ&ハング。
クールでダンディな大人の男を
目指してます。
<携帯用URL>
http://ken1sky.blog32.fc2.com/?m

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

寂しがり屋のKEN1へ一言。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。